ご無沙汰しております。エアコンの活躍無くして、生活が成り立たない時期が続きます。

今日は業務用エアコンの交換の様子をお届けします。
なにに関しても、修理か交換かを迷う瞬間がありますよね。業務用の空調設備工事ともなると、修理中は営業ができないリスクを考慮して、交換を決断される場合が多いです。

エアコン交換のためバラした機体から、水を抜き取ります。このエアコンはポンプが壊れていたようです。タプタプの水(おそらく超汚い)をブチまけてしまわないように、ホースで徐々に水を出します。↓

業務用エアコン交換の後には全熱交換器の設置も控えております。普段は天井裏の様子を確認しておきます。↓

店舗のエアコンの場合、室外機のサイズも大きくなります。今回は屋上への設置です。家庭用のエアコン室外機より大きいのがご覧になってお分かりいただけると思います。旧機種引退のお姿を写真にて。そう、タバコは大きさを比較するためです。休憩中の残骸ではございません。

エアコンの機種選びについても、後の全熱交換機取り付けを前提に考慮をし、お客様と相談を重ねました。
例 ダイキンエアコンカタログ

この後、全熱交換器編に続きます。

以上。